法定検査

法定検査

フォークリフトなどの産業車両には、労働災害を防止するため法令によって定期自主検査が義務づけられています。
いったん事故が起これば、物的損害でなく人的損害も予想されます。また、機台を安全に、長く使うためにも適切な点検は不可欠です。安全を守り、トータルコストダウンを実現するために、トヨタL&Fは点検・整備をサポートするとともに、作業の安全性をより高めるために、定められた定期点検以外にも独自の点検・整備をおすすめしています。
月次検査・年次検査はお近くの営業所にお申し付けください。

労働安全衛規則

(定期自主検査)

第151条の21

1. 事業者は、フォークリフトについては、1年を超えない期間ごとに1回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。ただし、1年を超える期間使用しないフォークリフトの当該使用しない期間においては、この限りでない。

(1) 圧縮圧力、弁すき間その他原動機の異常の有無
(2) デファレンシャル、プロペラシャフトその他動力伝達装置の異常の有無
(3) タイヤ、ホイールベアリングその他走行装置の異常の有無
(4) かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アームその他操縦装置の異常の有無
(5) 制動能力、ブレーキドラム、ブレーキシューその他制動装置の異常の有無
(6) フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイールその他荷役装置の異常の有無
(7) 油圧ポンプ、油圧モーター、シリンダー、安全弁その他油圧装置の異常の有無
(8) 電圧、電流その他電気系統の異常の有無
(9) 車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、灯火装置及び計器の異常の有無

第151条の22

1. 事業者は、フォークリフトについては、1月を超えない期間ごとに1回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。ただし、1月を超える期間使用しないフォークリフトの当該使用しない期間においては、この限りでない。

(1) 制動装置、クラツチ及び操縦装置の異常の有無
(2) 荷役装置及び油圧装置の異常の有無
(3) ヘッドガード及びバックレストの異常の有無

2. 事業者は、前項ただし書のフォークリフトについては、その使用を再び開始する際に、同項各号に掲げる事項について自主検査を行わなければならない。

(定期自主検査の記録)

第151条の23

1. 事業者は、前2条の自主検査を行つたときは、次の事項を記録し、これを3年間保存しなければならない。

(1) 検査年月日
(2) 検査方法
(3) 検査箇所
(4) 検査の結果
(5) 検査を実施した者の氏名
(6) 検査の結果に基づいて補修等の措置を講じたときは、その内容

(点検)

第151条の25

1. 事業者は、フォークリフトを用いて作業を行うときは、その日の作業を開始する前に、次の事項について点検を行わなければならない。

(1) 制動装置及び操縦装置の機能
(2) 荷役装置及び油圧装置の機能
(3) 車輪の異常の有無
(4) 前照灯、後照灯、方向指示器及び警報装置の機能

(補修等)

第151条の26

1. 事業者は、第151条の21若しくは第151条の22の自主検査又は前条の点検を行つた場合において、異常を認めたときは、直ちに補修その他必要な措置を講じなければならない。

対象機種はこちら