2019年トヨタL&F兵庫リクルートサイト

トヨタL&F兵庫ってどんな会社?

ホーム > トヨタL&F兵庫ってどんな会社?

私たちはこんな事業をしています。

さまざまな産業が集約された、日本の中でも珍しい立地に恵まれた兵庫県で、トヨタフォークリフトなどの産業車両(フォークリフト、ショベルローダー、高所作業車など)や物流システムの販売、リース・レンタルとメンテナンスを行う会社です。
「目指せ 地域一番の物流ドクター」を合言葉に、営業・サービスの両面で人材教育の充実を図り、お客様との信頼関係をより深めるために活動しています。

トヨタグループの一員として、「トヨタ生産方式」のノウハウを活かし、ただ物を売るだけでなく、様々な産業や業態のお客様の仕事を改善・効率化する提案型営業を実践しています。兵庫県内で使われているフォークリフトの台数はトップシェアを誇っています。

当社の魅力はここ!!

いつもお客様のために!

自然豊かで多様な産業をもつ兵庫県。
私たちのお客様は、食品メーカー、機械メーカー、物流会社など多岐に渡ります。
そこで、重要なのは「お客様の現場ニーズ」。しっかりと現場を確認・調査し、実際に働いている方々にヒアリングを行い、改善点や効率化できるポイントを洗い出して、お客様にご提案します。

こうした「物流ソリューション」に取り組む姿勢を評価いただいた結果、おかげさまで兵庫県内の約半分のフォークリフトは当社が販売したり、リースしたりしているもの。
ただ物を売る・リースするのではなく、本当にお客様に役立つ提案を通して、より一層信頼される「物流パートナー」として成長し続けます。

社員が、「自分の仕事に誇りをもてる」会社に。

私たちの仕事は、物流面で課題をお持ちのお客様に最適なご提案をすること。
お客様とのやり取りや研修を通して新しいスキルを身につけ、「物流のプロフェッショナル」としてお客様に接することが重要です。

フォークリフトは販売して終わりではなく、安心してお使いいただくために、万全のメンテナンス、安全講習会を実施するなど、お客様としっかりとコミュニケーションをとっています。

社員に向けては、安全作業マニュアルも作成し、年2回配布。
“社員一人ひとりの力で物流サービスを更に効率的に変え、兵庫県を元気にしていきたい。”
そんな思いを持ち、「身近な人に自慢できる」ような会社を目指し、社員全員が日々の仕事に取り組んでいます。

人が育ち、会社が育つ。

私たちが目指しているのは、「人材の育成を通して魅力的な会社へ成長し続ける」こと。
その始まりが『安全』と考え、社員の、そしてお客様の安全を推進するため、本社内に【安全道場】を開設しています。

さらには、階層別・職種別の社内教育に加え、社外での教育、資格取得を充実させて、目指すは「地域一番の物流ドクター」。
仕事をする上で大切なのは、心身ともに元気でいること。
そのために、まずは安全に、そして学びと経験を重ねることで、自分自身が成長し続けること。
この社員ひとりひとりの取り組みが、会社がより大きく伸長していくと考えています。

会社概要

社名 トヨタL&F兵庫株式会社
代表者 斎藤秀司
設立 昭和45年4月
資本金 3,000万円
売上高 84億円(平成30年3月期)
従業員数 230名
本社所在地 〒662-0934 西宮市西宮浜2-29
店舗 神戸・摩耶・阪神・三田・明石・東播・淡路・姫路・但馬・西播(県内10拠点)
平均年齢 全社平均 40.4才 男子平均 40.6才 女子平均 36.5才
勤務時間 8:45〜17:15(昼休み12:00〜13:00)
休日休暇 日曜、祝祭日、夏季・年末年始、年次有給休暇(初年度10日)、積立特別有給休暇、土曜月1〜4日、年間休日計109日、特別休暇
福利厚生 各種社会保険、退職金制度、退職年金制度、財形貯蓄、資格取得補助制度、単身者用寮、労働組合
教育研修 営業職:新入社員教育、新入社員フォロー教育、各階層別教育、専門教育技術職:新入社員教育、各種技術教育、専門教育