ホーム > 物流ソリューション > 物流エンジニアリング

物流エンジニアリング

物流エンジニアリング

トヨタ生産・物流方式をベースに、お客様の要望を総合的にとらえたトヨタL&Fの物流エンジニアリング。
「人」「機械」「情報」「時間」を「全体最適」の視点から融合し、お客様の立場に立った物流システムを構築します。

トヨタL&F物流エンジニアリングの特長

お客様の現場や実状に合わせた運用・仕組みづくり、トータルでの効率化を追求

●現地現物主義で作業のしやすさを綿密に考慮したシステムの実現

●物流量の変化、オペレーターの応受援を想定したフレキシブル設計

トヨタの生産・物流技術をベースにした先進のシステム

●自動車生産、車両・部品の販売物流現場にて磨かれたノウハウと、最新のハード / ソフトを統合してご提案

背景は「トヨタ生産・物流方式」がベース

ムダの排除を通じて現場の効率化を追求し原価低減を推進

  • トヨタ生産方式

    ジャストインタイム

    ●「必要なものを」「必要なときに」「必要なだけ」生産・供給。

    ●人・機械・設備のムダをなくし、リードタイムを短縮し、付加価値を向上。

    自働化

    ●機械に「良し悪しの判断」をさせる機能をビルトイン。

  • トヨタ物流方式

    ●部品配達〜生産〜配送までの「モノの動き」と「その情報」を同期させ、物流のリードタイムを短縮。常に最低在庫で運用。

    ●「作業の平準化」「小ロット多回方式の運搬」等、物流を効率的に行う仕組みづくりと実践。

総合的な物流システムを実現する6つの基本コンセプト

  • 1 省力化・機械化の最適化を図ったローコスト経営

    2 変化に対する自由度の確保

    3 情報システムによるトータルマネジメント管理

  • 4 正確な商品管理と高品質物流サービス

    5 現場運用のマネジメント強化

    6 作業者の意欲向上

物流システムエンジニアリング・フロー

お客様のご要望に応じ、構想プランニング段階も含め、どの段階からでも「トヨタならでは」のノウハウでご提案、ご支援させていただきます。

調査・分析

顧客ニーズ把握
現場調査・分析

トヨタSEが、現地現物主義によりお客様の現場や作業を徹底的に分析。
ローコスト化の視点で、ムダ・ムラ・ムリを排除し、より良い仕組みをご提案。

基本設計

基本エンジニアリング
(物流量・運用・管理方法)

「人」・「機械」・「情報」・「時間」が調和する「全体最適」の観点で、
運用の仕組みづくり中心に設計。過剰設備とならない最適なハード選定。

詳細設計

詳細システム・エンジニアリング
機器設計・製作
情報システム設計

有人作業も含めソフト/ハード両面から最適運用をご提案。
自動車の生産物流・車両や部品の販売物流。
幅広いお客様の現場で磨かれたノウハウと最新機器で設計。

施工・稼働

工事進行管理
試運転調整
オペレーション教育

アフターサービス

定期点検

いつでもどこでも地域密着型のサービス体制

運用改善

改善計画
運用後改善

システムからの稼働状況分析データを基にお客様の運用改善をお手伝い。
人・機械・情報・時間の融合を実現。

お客様にとって最も経済的かつ効率的なシステム
トラブルフリーかつ変化に対して自由度高いシステム
労働環境を考え人に優しく、意欲の高まるシステム

無料物流診断実施中